ノヴゴロドとバイキング

3月 4th, 2014

ノヴゴロドの北には、武装した国家があり、ノルマン民族が住んでいました。
ルーシの人たちは彼らをバイキングと呼んでいました。ノヴゴロドはしばしば自分の公国を守るために勇敢なノルマン人の助けを借りました。

ある歴史書には、「色々な民族が集められて、そこにバイキングを招き入れ、リューリクという公爵を先頭にした軍の伝説」が書かれています。
リューリクの築いた城市は現在に至るまで残っているそうです。バイキングの丘の川岸には、鎖が引かれています。

バイキングの義勇兵たちが、ノヴゴロドにもキエフ公国にも駐留していたのです。
自分たちの領土を守るために、ノヴゴロドの人たちは防衛用建築を作りました。
これがかの有名な要塞です。

Comments are closed.