夏の休日に田舎の屋敷で

11月 18th, 2014

私は常に自分のとめどなき怠惰を受け入れてくれる方法を探しているような、心配症でも何でもない人間ですから、
私にとっては夏の休日に田舎の屋敷で朝を過ごすことは殊に魅力的でした。

緑の庭がまだ露で湿っており、太陽の光で輝いているような時間帯には、幸せを感じました。
家の周りでモクセイや夾竹桃の香りがする頃には、若者たちがちょうど教会から戻ってきたばかりで、庭でお茶を飲んでいました。

皆がこう、美しく着飾り、楽しそうにしているときには、
そして、健康的で、食欲の満たされた、美しきこの人々がこれから長い日を何もせずに過ごすのだと知るようなときには、
人生がこのままずっとこんな風であればいいのに、と思われるのです。

Comments are closed.