寝ぞうが良くない原因

9月 1st, 2014

私は寝ぞうがあまりよくないほうです。
自分でも感じていることなのですが、朝まで同じ状態で寝ている体勢に、耐えられなくなってしまいます。

そこで、夜中に起きて、逆向きに寝てしまいます。
その記憶はあります。

しかし、暖かい季節は良いのですが、寒い季節になると、布団をかけない状態で寝てしまうので、風邪をひいてしまいます。

寒さで目が覚めると、足元に枕がある状態です。


最近わかったことですが、長時間経つと、どうも重たい布団に身体が耐えられなくなってくるようです。

布団は羽毛布団ではありませんが、そこまでひどいせんべい布団でもありません。

布団もそんなに重くはないのですが、どうやら、身体に圧迫感があるようです。

そんなことで、毎年寒くなるとかなり着こんで寝ています。

布団をかけてなくても、寒さで風邪をひかないようにするためです。

今年の冬もそうなりそうです。

Comments are closed.