寝るときはつけません

11月 1st, 2014

ワイや―なしのブラジャーでも、眠るときにつけていると窮屈です。
私はいつも外さないと眠れません。冬になると、ノーブラで、外にも出てしまいます。

面倒なのです。おばあさんのようですね。今日も少しだけ、出かけなければなりません。
ほんの少しだけ出かけるときが面倒です。

今までであれば、なんとか、一日に用事を2つ3つ入れることができました。
今は、それができないのです。

さっき、洗濯を干し始めると、体がギシギシ言って、動きづらいのに驚きました。
さびているのです。さびという表現がぴったりです。というのも、動き出すと、スムーズになるのです。
機会も人間も同じでした。使わないと動かないのです。だから、高齢者は体操をするのですね。

Comments are closed.